BLOG

「YES!」「はい」「喜んで」とやる人 「え??」とためらう人

皆様のお力添えで、弊社は今年 ≪創業80周年≫ を迎える事が出来ました。

今後、自らお客さまの声を聞き、100年企業を目指し、
経営改革を進めてまいります。

その一環としてメルマガ配信を始める運びとなり、
今回で第6回目となりました。ご一読いただきありがとうございます。

社長の言うことに「YES!」「はい」「喜んで」とすぐに行動に移してくれる人は少なく、「え??」と言ってフリーズして、露骨に嫌な顔をする人と多く出会ってきました。

突然ですが質問です。
「はい」と言って行動できる社員と
「え??」といって行動できない社員と
どちらが成長しますか?

そうです。答えは明らかに前者の「はい」と言う人です。

それでは後者の「え??」と言う人はなぜ、すぐに行動に移せず、
成長ができないでしょうか?

それの一つの理由は、「老い」です。

新しいものや新しいシステムが受け入れられず、
過去の成功体験にすがり、新しい事が受け入れられない。

もう一つは成功体験があり「居心地のいい」環境から離れたくない
という気持ちがあります。それも「老い」からきていると思います。

皆さんの上司や経営者は、常に正しい判断ができているとは限りません、
それを分かっていて判断をして指示命令を出します。
社長となれば経済的リスクを背負い「決断」をして指示命令をしています。

そんなときに「え??」と不機嫌な顔をしている部下を見ると
上司・経営者はどう思うでしょうか?

私の個人的な考えですが、
部下は、指示されたこと素直に「YES!」「はい」「喜んですぐにやる」人が理想です。
中小企業となれば、「あれが正しい」「これが間違っている」等、論議している暇はありません。

部下がすべきことは
社長に言われたことに「反論せず、すぐに行動し、結果を出す」ことです。
その指示が間違っていると思っても「間違っている結果を早く示す」ことです。

行動せず、結果を出せない人の意見など社長は聞く耳も持ちません。
どんなにバカな社長でも結果が間違っていたらすぐに辞めること決意するはずです。
それができない社長は本当のバカ社長です。

成功したら社長・上司と共に喜びましょう!
その結果、仕事が楽しくなるのではないかと考えています。

私の家庭では妻が「社長」です。
結婚したばかりころは、覇権争いで、喧嘩ばかりしていました。
あるとき、私が尊敬している方からアドバイスをいただき、
妻の言うことはすべて、「YES!」「はい」「喜んで」とすぐにやることにしました。
それから夫婦仲が円満になりました。

皆さんは「常に正しい判断」をしていますか?
プライドを捨てて、社長・上司や奥様に実行してみてください。
何かが変わるきっかけになるかもしれませんよ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る